これまであった事例です。

セキュリティの設定方法についてはお使いのプロバイダサービスから貸出ししているルーター機能付きモデム、またはメインのルーター機器の取扱説明書をご確認くださいませ。

 

■状況

①WANブロックと言う機能があり、外部アクセスを拒否する設定がデフォルトで有効になっていた

プライバシーセパレーター設定になっている  

③2.4Ghzの回線が混線していた

④ルーターのMACアドレスフィルタリング(MACアクセス制限)を有効にしていた 

■対処

①WANブロックが有効になっている場合はチェックを外して無効化した

②SSID1でアクセスしていた場合、この機能によって弾かれている可能性があります。チェックを外してみてお試しください。

③SSIDを新しく作成し、P1専用として接続した

④P1を除外するか、フィルタリングを無効とする

ルーターやプロバイダなどネットワーク設定画面があると思います。そこへアクセスすると、MACアドレス一覧や、MACアドレス管理などMACアドレスに関する画面がございます。


MACアドレス一覧の中から、Smartlife-(英数字が入る)の英数字下四桁があるものがP1のMACアドレスになります。

 

 

■これまでご連絡のあったプロバイダ

e-manshon

NTTぷらら

au one net

NURO

eo光

J:COM

 

■これまでご連絡のあったルーターメーカー

ELLECOM

Buffalo

HUAWEI

ARRIS → Touchstone DG6700C DOCSIS3.0

Aterm